​生徒会メンバー

ちきゅうの学校運営スタッフ

_Q5A3883_edited.jpg

​畑・森クラス担当

学級委員長 はる

DSC06855.jpg

​海・都クラス担当

​生徒会長 あい

      土壌学修士

農業法人3年・はる農園独立7年目。

堀った土は150以上、土と話せる ・タイ・ベトナム・カリフォルニア、国内の生産現場へ

 素潜りの先生/ 魚突き2年生/ 自然体験企画

野生のイルカと泳いで10年。日本や海外で野生動物、絶景、面白い大人に出会い、自分らしさを解放する旅を企画。魚突き・ホタルイカハントなど海をメインにした食育体験、授業、講演などを行う。元六本木No.1ホステスという異色の経歴から、何歳からでも人生は再スタートできるというメッセージを届けている。

 

▶関連記事
「日々の幸せを大切にできる人を増やす。心に生まれた余裕を自然への愛に。」another life. インタビュー

地球の学校0250_edited.jpg

ディレクション担当

​用務員 小野寺 学

大手広告代理店を経て「カモン虎ノ門製作委員会」の立ち上げ、2016年に「グー・チョキ・パートナーズ(株)」を設立。2018年UR都市機構賑わい施設「新虎小屋」をオープン。地域コニュニティやブランディングを手がける。

▶関連記事

「丸く閉じないコミュニティを目指して。ちょっと怒られながら挑む、虎ノ門での街づくり。」another life. インタビュー

分野専門パートナー

各フィールドで専門性を持つちきゅうのパートナー

S__111861762_edited.jpg

​仲地 慶祐

ゼロからの出発。神奈川県で漁師として生きる。

東京海洋大学卒業後、IT企業に就職。漁師に営業をする中で漁師になりたいという思いが募り、神奈川県でしらす漁をする親方に弟子入りした。しらす漁から加工、販売まで行うかねしち丸で修行し、漁業組合の組合員となり漁業権を獲得。6年の修行の末、2020年春、念願の自船・白鷹丸を持つ。大量に捕ることより魚の鮮度を保つ活け締めを通して一匹、一匹に対峙している。

▶関連記事 

「大阪で生まれた僕が、神奈川で漁師に!好きを突き詰めて仕事にした生き方。」another life. インタビュー

56454595_2179662742090503_32127977583227

​谷 実 

都内の薬剤師。蜂に魅了され、蜂のように生きる。

都内で薬剤師として勤務する傍ら、千葉県を中心に養蜂家として活動。「はちみつより蜂が好き、面白い」と言うほど養蜂が好きで、8年以上休日は東京を離れ地方を飛び回り、蜂の世話をしている。