• ちきゅうの学校

豊島区立巣鴨北中学校にてSDGs講演を行いました🌍✨



2020年11月28日(土) 豊島区立巣鴨北中学校にてSDGs講演会にて講師として、ちきゅうの学校から生徒会長の小笠原愛が参加しました。



SDGs講演のパートナーは、自然写真家の関戸紀倫さん。




SDGsという名前は浸透してきているものの

それをいかに1人1人の暮らしとリンクして

自分ごととして捉えてもらえるかを軸に内容を詰めたこの講演。




自然を舞台に仕事をする2人の等身大の言葉で

自然の魅力、自分たちの目でみてきた海での出来事

環境の変化などを写真を交えてお話させていだきました。



「SDGsは自分には関係ない」



そんな風に思っている子どもたちには

SDGsって自分にも関係あるじゃん



「自分の小さなアクションがどれだけ地球を変えられるんだろう・・」



そんな風に思ってしまう子どもたちに

自分の行動は未来を変えられる



そんな想いを講演の最後には

生徒さんからこんな言葉をいただきました。



「地球の未来を諦めかけていたけど、希望をもって行動して行こうと思いました」



希望を持つことの大事さを感じる

まっすぐで力強い一言に心打たれました。




「希望の光を灯していく」

そんな想いで活動しながら


自分たちも子どもたちから

希望の光を灯してもらっているのだと感じる一言でした。




SDGsの達成も、人生もまずは1人1人が

自分の持つ力の凄さを信じることから。




自分を信じて行動することは

自分を大切にすること


自分を大切にすることは

地球を大切にすること




これからも自分ができる小さな行動の大切さを

伝えていきたいと思います。














35回の閲覧0件のコメント